記事一覧

TOP > フリードプラスでキャンプ,アウトドア >フリードプラスFREED+で和島オートキャンプ場に行ってきました♪新潟県長岡市

フリードプラスFREED+で和島オートキャンプ場に行ってきました♪新潟県長岡市


今回は、10月にFREED+で行った和島オートキャンプ場のレポート&レビューです♪


日程:平成29年10月某日 1泊2日
場所:和島オートキャンプ場
新潟県長岡市両高1番地
メンバー:私,妻
天気:晴れ
気温:最低15℃最高25℃

私的おすすめ度:★★★★☆

夕日和島オートキャンプ場 


久しぶりのキャンプだぞーーーーー!
しかも、このブログにのせる初キャンプだぞーーーーー!


とは言っても、キャンプ中は全力で遊んでいたので、キャンプ用品や料理の写真はありません
(キャンプブログとしてどうなの?というツッコミは受け付けませんよ~)


てへぺろ 




ということで、初心者キャンパーこと私です。
和島オートキャンプ場、今回初めて利用させていただきました♪


多くのキャンプ場サイトで高評価,レビュー口コミ良さげだったので、前から気になってはいたのですが・・・。

キャンプは海より山派な私としては、公式サイトのこの画像を見て・・・、



海辺にある平坦なキャンプ場かと勝手に決めつけ敬遠してました。



しかし、他の車中泊旅行の道すがら見学させていただくと・・・
※管理棟のスタッフさんに一言断れば見学可能



すげー登るじゃん!


見晴らし最高!


サニタリーも充実!


となって、その場で興奮気味に予約させていただいた次第です。
今まで食わず嫌いでごめんなさい。

てへぺろ 




和島オートキャンプ場 

あらためてマップを見てみましょう。

左下が入口です。
小さな門があります。

門をくぐると、めちゃくちゃ丘を登ります。

C区画が坂の途中にあり、Ⓓ管理棟まで登りまくりです。
※マップからはとても想像できないほど登ります



登りきると、

和島オートキャンプ場1 

左の黄色の建物が管理棟、スタッフみなさん気さくです♪
ドアが見えるのはシャワールームです。

(私の影ですが、小指が立ってるみたいで気持ち悪いですね)


で、後ろを振り返ると・・・、


fc2blog_201710122050547cf.jpg


ずどーん!
素晴らしいオーシャンビュー!


海岸から結構登っているのが伝わりますかね?
ぜひ、現地で見てほしいです。



さらに歩いて登るⒷ展望台があって、


展望台2 展望台3 

さらに見晴らしがよくなります。


そして、もちろん日本海ですから、夕日丸見え!


fc2blog_20171012205221c40.jpg 

※こんな下手くそな写真じゃなくて、ぜひ現地でご覧あれ!



和島オートキャンプ場 


マップ中央下、A区画は管理棟と同じ高さにあって、見晴らし抜群!
丘の上のキャンプ場という感じです。
(当然、A区画の方が料金高い)

©バンガロー,ⓘキャビンも同じ高さだったはず。



管理棟とバンガローを通り過ぎて、B区画へ向かうマップ上部の道は下り坂


B区画和島オートキャンプ場 

この坂を下るとB区画。
見えている建物が、テニスコート脇のトイレです。


このすぐ左側に海岸連絡道という階段がありまして、


海岸連絡道和島オートキャンプ場1 

海水浴まっしぐらロードです。
テント to 海 です。



B区画は眺めこそA区画に劣りますが、何不自由ないオートキャンプ場でした。

区画サイズは大きからず小さからず。

私たちはテントを張らず、FREED+で車中泊しました。
車のサイドにヘキサタープを張ってリビングとし、反対側に焚火台とBBQコンロを置きました。

この状態でもスペースに余裕がありましたが、さらにテント、しかも2ルームなど大きいものを張るとなれば、上手く配置しないと狭く感じるかもしれません。


また、区画と区画が隣り合っているのが気になる方は、離れた区画を選べば良いでしょう。
私はあまり気になりません。


トイレや炊事棟も綺麗ですし、ゴミ捨て場(分別)や温水シャワーがあるのは快適で、キャンプ初心者にはありがたいでしょう。

私は利用しませんでしたが、B区画の周りにはテニスコート,子どもの広場,釣場(釣堀?)もあります。



利用料金は、A区画1泊6,000円、B区画1泊4500円です。

※A区画はAC電源付き
※加えて入場料が大人1人1泊200円かかります


少々高いと思うかも知れませんが、設備や管理の充実度を考えると適正価格でしょう。

大抵のものは管理棟でレンタルまたは販売していますので、忘れ物をしても何とかなります。
キャンプ初心者でも安心して利用できますね!

family_happy.png 


A区画,B区画,C区画について

夜になってしまえば眺めも何も真っ暗ですから、日が暮れる前に展望台から海や夕日を眺められれば、泊まるのはB区画でも良いかな~。
キャンパー,キャンピングカーでAC電源を使いたい場合はA区画ですかね?

来シーズンは、A区画に泊まってみて感想を書いてみたいと思います♪



ちなみにC区画は、1泊2日3,000円。
唯一ペットが入れるエリアです。

周りにトイレや炊事棟は無さそうなので、管理棟やA区画まで登る必要があります。
丘の中腹なので、B区画よりも眺めは良さそうです♪


和島オートキャンプ場 

というわけで、和島オートキャンプ場は、上のマップでは全く分かりませんが、最高の眺めを楽しめて、初心者にも快適なキャンプ場でした!

では!

ランタンビール
※唯一撮ったキャンプ中の写真


公式サイトはこちら

関連記事

人気記事ランキング

プロフィール

私

Author:私
ブログ → 初心者
車中泊 → 初心者
キャンプ → 初心者

フリードプラスを買った新潟県新潟市在住アラフォー会社員が、初心者なりに色々書きます♪


「フリードプラスってどうなの?」
「車中泊に興味がある」
「これからキャンプを始めたい」
こんな方に向けたブログです!

※車中泊上級者,ヘビーキャンパーには参考になりません…あしからず

毎週日曜日更新予定♪

最新記事

スマートキーなんだから、いつまでも前ポケット膨らましてないでスマートキーケースを買った話。
【酒/新潟】秋冬のキャンプや車中泊で呑みたい新潟県の日本酒3選
【車旅/道の駅】秋田県由利本荘市の「道の駅 岩城 岩城アイランドパーク」がオススメです♪
【キンドル】車中泊やキャンプの夜、読書で過ごそう♪暗いところでの読書はKindlePaperwhite一択。
【安眠/快眠】車中泊のキホン!気持ちよく寝るための三大条件

検索フォーム