記事一覧

TOP > FREED+フリードプラスの色々 >【FREED+価格】フリードプラスっていくらで買えるの?~タイプ別比較,値引き,オプション,諸経費について

【FREED+価格】フリードプラスっていくらで買えるの?~タイプ別比較,値引き,オプション,諸経費について

フリードプラス前1 
FREED+オーナーの私です♪

今回は、実際の注文書を基に、新車購入にいくらかかったのか、フリードプラスの価格を赤裸々に公開します!

フリードや他のコンパクトミニバンの価格を比較,検討されている方の参考になれば幸いです。


注文書 

先に言ってしまうと、私が2017年9月にFREED+を新車で買うためにディーラーへ支払った総額は、3,150,000円です。

結構高くなりましたね!


1万円 

それでは、内訳を見ていきましょう♪


▼目次

  1. 本体価格ータイプ,グレード比較
  2. 付属品・オプション
  3. 税金・諸費用・その他
  4. まとめ


車両本体価格ータイプ,グレード



まず、車両本体価格は、2,673,106円でした。

ホンダ公式HPでは、2,676,000円となっています。

微妙な差は謎ですが、最終的な端数をまけてくれたのかもしれません。
(これ以外にも値引き,サービスはあります)



私の愛車の正式名称は、FREED+ HYBRID EX <FF>です。

一番上のグレードを買っちゃいました(テヘペロ)

フリードプラス前2 

ちなみに、フリードプラスのその他タイプ・グレードと価格を比較すると、

ハイブリッド
HYBRID EX <FF> 2,676,000円(±0)

HYBRID G・HS <4WD> 2,748,200円(+72,200)

HYBRID G・HS <FF> 2,516,000円(-160,000)

HYBRID B <FF> 2,276,000円(-400,000)


ガソリン
G・HS <4WD> 2,352,200円(-323,800)

G・HS <FF> 2,120,000円(-556,000)

G <4WD> 2,232,200円(-443,800)

G <FF> 2,000,000円(-676,000)

B <FF> 1,900,000円(ー776,000)


※HS=Honda SENSING 安全運転支援システム 私のEXにもついてますよ~

公式サイトのメーカー希望小売価格で比べています



とまあ、私は一番高いグレードを買ったのであれですが、ガソリン車でHonda SENSINGを外せば、67万安くなりますね。

もちろん、ハイブリッド燃費やエコカー減税の問題もありますが、総額200万円台前半でフリードプラスを手に入れることもできると思います!


車体後 


コチラの記事にも書いたのですが、4WDはどうしても荷室が狭くなってしまいます。

ですから、私のおすすめはFF

後は、ハイブリッドかガソリンか、グレード・HSをどうするか、ご予算と相談して選んではいかがでしょう?

▲目次にもどる


付属品,オプション



メーカー純正付属品の合計金額は、
319,501円 でした。

内容は、

ドアバイザー
フロアマット
マットガード
ラゲッジマット
ルーフラック
USBジャック
ナビ
コーティング(車体)
スタッドレスタイヤ

です。


スタッドレス代金(約10万円)はサービスしてもらいました!
これが実質の値引きです。


fc2blog_20171012175718f02.jpg

ナビは、VXM-174VFXi 税込126,468円
純正の中では安いタイプです。


私はワンセグテレビも観ませんし、オーディオは、iPodをBluetoothでつなぐかラジオを聴くので、CDの録音取り込みも必要ありません。
DVDも、ポータブルプレーヤーがあるので再生できなくてもいいです。


「わざわざ純正を買う必要あるのかよ」というツッコミが聞こえてきそうですが、純正を選ぶ理由は・・・

internabi LINC です!


インターナビと会員IDなんかをひも付けして、インターネット上のマイページ(もしくはアプリ)を見ると、「ドライブノート」という項目がありまして、そこには・・・


ドライブノート 

こんな感じで、走行時間,走行距離,燃費,ガソリン使用量など、自動的に毎日の運転が記録されるのです!

もちろん、総計や月計も分かります。

旅行や遠出の後で振り返ると面白いですし、出張に自家用車を使う場合など交通費清算にも便利!


これが見たくてホンダ純正ナビを買った次第です。


ドライブノート以外にも色々なサービスがありますよ♪



もう一つ、どうしても欲しかった純正オプションが、

ルーフラック1 
荷室上部のルーフラックです。

DIYが得意な方は、突っ張り棒とか工夫して作れるのでしょうが、私にはムリです!
走行中に崩れでもしたら大惨事ですしね。


ですから、これは買いでした♪

ラックの内部は、おおよそ93cm×30cmで、許容荷重は5kgです。


ルーフラック3 
普段は、ひざかけとシダーハンガー、フックやカラビナを置いています。

荷室リビングでくつろぐときに、ジャケットや靴下を脱いでかけておきます。


ちなみにシダーハンガーは、防臭,防虫効果があるので、車中泊や車内で食事をとる方にはおすすめです!



私の荷室での様子はこちら

リビング化8 


車中泊時は、ランタンをひっかけて、財布,携帯,カギ,キンドル,飲み水,ハンドタオルなど、すぐに取りたいものを置いたり引っかけたりしています。

カバンやその他の荷物は、荷室下部に片付けてしまえば寝室が広くなりますよ!


また、走行時に荷物が落ちないよう、ネットも付属していました♪

ルーフラックネット 



まあ、付属品を純正以外で探せばもう少し価格を抑えられますが、私にとっては妥当な金額かと思っています。

DIYや取り付けなど車いじりの好きな方得意な方はそうした方が良いでしょう。
私は苦手です。。。


ちなみに純正以外では、車中泊用の遮光シェード、ラグマット、荷室用の折りたたみコンテナ、荷物用フックなど、約3万円ほど買いました。

▲目次にもどる


税金・諸費用・その他



税金,保険関係
53,980円

諸費用
52,718円

点検パック,延長保証マモル
50,695円

点検パック等は必要なければ外しても良いのですが、計10万円は必要でしょう。


まとめ



これで総合計3,150,000円です。


ここから前の愛車の下取り価格などが引かれ、任意保険会社から1万円の新車還付がありました。
自動車税は5月になってみないとよく分かりません。


私の愛車FREED+の新車購入価格はこんな感じです。

モデル,グレードやオプションによっては、フリードプラス200万円台前半で買えます。

参考になれば幸いです♪

フリードプラス前1 

▲目次にもどる

関連記事

人気記事ランキング

プロフィール

私

Author:私
ブログ → 初心者
車中泊 → 初心者
キャンプ → 初心者

フリードプラスを買った新潟県新潟市在住アラフォー会社員が、初心者なりに色々書きます♪


「フリードプラスってどうなの?」
「車中泊に興味がある」
「これからキャンプを始めたい」
こんな方に向けたブログです!

※車中泊上級者,ヘビーキャンパーには参考になりません…あしからず

毎週日曜日更新予定♪

最新記事

スマートキーなんだから、いつまでも前ポケット膨らましてないでスマートキーケースを買った話。
【酒/新潟】秋冬のキャンプや車中泊で呑みたい新潟県の日本酒3選
【車旅/道の駅】秋田県由利本荘市の「道の駅 岩城 岩城アイランドパーク」がオススメです♪
【キンドル】車中泊やキャンプの夜、読書で過ごそう♪暗いところでの読書はKindlePaperwhite一択。
【安眠/快眠】車中泊のキホン!気持ちよく寝るための三大条件

検索フォーム